ネットワークリカバリの起動に1時間以上!?

Posted on

「Java 6 [Apple版]」のアンインストールの本当の目的は、Adobe CS6のIllustrator等を、Javaが無くても起動できる裏技を知ったからです。(macOS Sierra (10.12) で Photoshop CS6 / Illustrator CS6 を使う

Macbook Air (10.11.6 EL Capitan) で試したところ、問題無く起動できました。

なのでiMac Late 2012 (10.11.6 EL Capitan) でもそうしようと、まずはリカバリモード(command (⌘)  + R)で起動しようとしたところ、なぜか通常起動してしまいます。2回試してもダメ。

そこでネットワークリカバリ(option + command + R)で起動しようとしたところ、プログレスバーが表示されたものの、遅々として進みません。表示される時間は3分から5分を行ったり来たり。それでも我慢強く待って1時間を経過しても、プログレスバーの4分の1ぐらいまでしか進みません。

遅いとはいえ、起動は進んでいるようなのでその日はそのまま帰り、翌日見てみるとユーティリティウインドウが表示されていました。

早速ターミナルで "csrutil disable" を叩いてみましたが、command not found !

考えてみれば、起動ドライブが違うので当然か。。。コマンドパスは分かりません。

仕方がないので、とりあえずディスクユーティリティを起動して First Aidでアクセス権の修復を行い、再起動して通常起動を確認。

続けてリカバリモード(command (⌘)  + R)で起動してみると、問題無くユーティリティウインドウが表示されました。

その後、"裏技" を使ってIllustrator CS6, Photoshop CS6なども(Java無しで!)起動できました。

今回の教訓:リカバリモードで起動できない時は、First Aidでアクセス権の修復を行うべし!

お手数ですが、下記入力項目に「コメント投稿」と入力して下さい。

Trackback

ページトップに戻る